太陽光発電・蓄電

あなたのおウチの「太陽光パネル」発電不良になっていませんか?

カタログ(↓クリック)
発電不良
「M-50CP」のご紹介
  • ・ 20%の発電不良だと10年で約40万円減です!
  • ・ 発電を最大限に安定させるために!「M-50CP」でしっかり洗浄、防汚。
  • ・ 太陽光の事、すべてサンエコライフにおまかせ下さい!当社でご購入のお客様には、一回目の点検は無償にて行わせていただきます!まずはお電話!

 

太陽光発電システムの導入なら
販売・施工一貫対応のでんきのサントップにお任せ

太陽光発電システムとは、太陽の光を「電気」に変える事ができるというシステムです。
オール電化住宅と非常に相性がよく、組み合わせることでそのメリットはさらに大きくなります。
自分で使う電気は自分で作るという環境性能と、余った電気を売ることができるという経済性で近年特に注目されています

でんきのサントップでは、家電販売店の中でも太陽光発電システムにいち早く取り組んでおり、既に多くの企業や、ご家庭に太陽光発電システムを納入しております。

当店は太陽光発電システム販売台数全国第1位を獲得しました

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットとしては大きく「光熱費の削減」「環境に優しい」「災害時も安心」という三つのメリットがあります。

光熱費の削減(経済的)
太陽光発電システムで電気を作れば、電気代が安くなる。さらに余った電気は売ることもできる!平成21年11月からは売電額も大幅アップしてさらにお得に。
環境に優しい(エコロジー)
太陽光発電はグリーン電力の一つ。標準的な3.67kWのシステム導入で仮に年間に3844kWh発電した場合、1209kgのCo2(杉の木86本分)が削減できます。
停電時も安心
災害などが原因で停電になっても、自宅に太陽光発電システムがあれば、自立運転モードで、発電した電気を使うことができます。災害時の停電でも安心を確保。

taiyoko2

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電システムの中心になっているのが太陽電池です。太陽電池は太陽光(エネルギー)を吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器。シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると日射強度に比例して発電することができます。

construction_img_011

太陽電池は、電気的な性質の異なる2種類(p型、n型)の半導体を重ね合わせた構造をしています。太陽電池に太陽の光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生し、正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体へ引き寄せられます。このため、表面と裏面につけた電極に電球やモータのような負荷をつなぐと電流が流れ出します。

創った電気は、そのまま家庭用電力として使用。

太陽光発電は、太陽電池を用いて、太陽のエネルギーを直接、家庭で使える電気に変換する発電システムです。
普段は、スイッチ操作もメンテナンスもほとんど不要。手間をかけずに発電、売電できます。

construction_img_021

 

住宅用蓄電システム
「しっかり蓄え、かしこく使う。」

停電時には、蓄えた電気が使えて安心。
パワーコンディショナの自立運転コンセントに、電気製品のプラグを差し込んで使用します。
image1
太陽電池が発電していない夜間でも利用OK
太陽光発電でつくった電気を蓄え、停電時には太陽光発電システムのパワーコンディショナに設けた自立運転コンセントから電気を供給。
自立運転コンセントに電気製品をつないで使います。
これまで、パワーコンディショナのコンセントは、太陽光発電が発電しない夜間や停電時には使えませんでしたが、こうした不便を解消しました
image2